« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

やっと"地デジ化"しました

チューナーを職場の友人からもらいました。
03_30

早速, "地デジ"で見ましたが, 放送している番組が違うわけでもなく,薄型TVに買い換える必要があるのか疑問です。
最近のTVは消費電力が少ないのは知っていますが, 壊れてもいないTVを処分するのがもったいない気がします。 私は, 壊れるまで使うつもりです。

そんな性格なので, 今でも音楽は"カセットテープ"が使えています。 ビデオは"Hi8", "VHS"が現役です。

| | コメント (0)

桜の開花宣言されたんですが

今週末, 寒かったです。
開花宣言したんですけど, 近くの公園へ行ってみたんですが, 咲いていませんでした。
公園の池のカモは,凍えてました。
03_27_01

その帰りにスーパーに寄りましたら,"桜"の柄をプリントされたビールが出てました。
03_27_02

今日はこいつで, 一足早いお花見です。

| | コメント (0)

地震の影響で, 電子QSL"QSO Bank"が停止しているようです

"Turbo Hamlog"からログを"QSO Bank"へアップしようとしたら,接続できなかったので, "もしや地震, 計画停電の影響?"と思い,ネット検索してみました。

"QSO bankからのメール(転記)"を掲載しているHPを発見!
計画停電が終了し、サーバ室の復旧工事およびサーバの耐震措置が完了するまで停止するようです。

| | コメント (2)

新しい自動車道が開通しました

家から見えるような場所を自動車道が通りました。
03_20_01

インターチェンジが近くになりますが, 料金が"30kmまで¥500"と, 入っただけで¥500も徴収される自動車道で,余程のことがない限り利用する事はなさそうです。

併設して国道も開通しました。
こちらは無料ですが, 交差する元からある道が多いので, 信号が続きます。
03_20_02

因みに,通勤時に必ず横切らなければならず, 長い信号で待たされるようになり, "ムッ"とします。
横切るときに,どんな感じだろうと車道を見ましたが, "片側 1車線"の暫定開通のようです。
未だ交通量が少ないのでいいですが, そのうち渋滞しないか心配です。

そもそも,住宅街のこの付近の一般道の交通量を緩和させる為に建設したと, 自動車道のHPや, 国道のHPに紹介されていますが, 狙い通りになるのか疑問を感じます。

| | コメント (0)

"マイル"で"東北地方太平洋沖地震"の寄付できます

職場での募金活動や, 街頭募金もあちこちでやってますが, いろんな"ポイント"を使って寄付ができるのもありますね...Yahooのポイントとかも使えるようです。

航空会社の"マイル"がかなり残っていたなぁと思って, 航空会社のHPをチェックしましたら, 全日空は本日(3月17日)の15:00から寄付できるようです。

海外出張でノースウェストをよく利用していたので, デルタ航空のHPをチェックしてみたら, 特に目立つようなところに記載がないなぁと,デルタ航空に義援ができないか問い合わせたら,義援金および参るの寄付を行なっているとMailがありました。
------------------------------------------------
お問い合わせ頂きまして、ありがとうございます。

デルタ航空では、この度の東北地方太平洋沖地震の被災者の
方々のために義援金およびマイルの寄付などを行っております。

詳細に関しましては、下記ウェブサイトよりご参照下さい。

http://delta.jp.mediaroom.com/index.php?s=43&item=1150

ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

デルタ航空
オンラインサポートデスク
------------------------------------------------

| | コメント (0)

"第4回パナソニックヒルクライムin伊吹山ドライブウェイ開催中止"の連絡がありました

先ほど, 事務局よりMailがありました。

-----------------------------------------------------
未曾有の大災害となった東北地方太平洋沖地震が発生し、
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
東北地方太平洋沖地震で被災された方々の窮状に鑑み、
4/10(日)に開催予定としておりました第4回パナソニックヒルクライム
in伊吹山ドライブウェイを開催中止とすることと致しました。
本来であれば、災害復興への応援として開催すべきところですが、
原子力発電所の事故・余震の継続発生並びに被害状況の拡大など先の
見えない状況が続くとの観点から今回は中止の決断をした次第です。
参加者の皆様には大変ご迷惑をお掛けすることとなりますが、
この状況をご理解賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
なお、頂戴しております参加料の返金等につきましては現在検討中
ですので、後日ご案内申し上げます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
パナソニックヒルクライムin伊吹山ドライブウェイ事務局
〒541-0044
大阪市中央区伏見町2-6-6 ザ・タナベビル2F (株)アド・ビューロー内
TEL06-4707-8338/FAX06-4706-0231
E-MAIL ibuki-q@ibukihc.jp
WEB:http://www.ibukihc.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0)

"第51回東海QSOコンテスト"は中止になったようです

"東北地方太平洋沖地震"の状況を配慮して, コンテストを中止すると発表されました。
[JARL東海地方本部主催コンテストホームページ ]

土日は毎週のようにコンテストが予定されていますが, 当面はコンテスト開催はしない方が好ましいように感じます。

また,海外のコンテストがありますが, 海外主催は中止はされないと思いますが, 極力, 個人の判断で自粛などした方がいいのかと思います。

"東北地方太平洋沖地震"発生以降, jクラスターを見ても, 書き込みがめっきり減りましたし, 移動サービス局も減ったようです。
ちなみに現在(記事を書いている頃), jクラスターは"計画停電"の為なのか, 自主的に稼動を止めたのか不明ですが, アクセスできませんでした。

| | コメント (0)

TSS経由の変更申請, 1月掛かりました

上級アマの資格を取得したので, 10,14MHzの周波数を使用するために, それまでの移動局の変更届を電子申請してましたが, ようやく免許状が届きました。

附属装置があるのでTSSの保証が必要でしたが, 1月掛かりました。

- 2月 8日 ;TSS宛に電子申請
- 2月 9日 ;TSSへ手数料を振り込む
- 2月15日;TSSより記載事項の不備について連絡があり,修正し返信。
- 2月18日;TSSの保証発行, そのデータを添付し総務省へ電子申請
- 2月24日;管轄の通信総務局へ返信用封筒を投函
- 3月15日;免許状到着

| | コメント (0)

無線クラブから"非常通信"に関する通知がありました

一昨日から"非常通信"が行なわれていますが,周波数に関する通知がMailで届きました。

"クリアーに..."という言葉が使われていますが, 一番大事な事は"不要の通信をしない事"かと思います。
"有用"か"不要"かという判断は, 他に通信の手段が"有る"か"無い"かだと思います。

●アマチュア無線局の非常通信マニュアルのHPはこちら

------------------------------------------
このたびの東北関東大震災の被災地の皆様のご無事を心から祈っています.

発生より3日が経過しましたが,状況は悪化するばかりです.
現地の通信事情も未だに混乱している状態です.

■非常通信が行われています

日中は7030KHz LSBが主に使われております.
特に7030前後5KHzはクリアーに,

非常通信周波数は下記:
3525KHz±5KHz (3500~3540をクリーンに) 特に夕方以降
7030KHz±5KHz (7025~7035をクリーンに) 特に日中
14.100MHz±10KHz (14.090~14.110をクリーンに)
21.200MHz±10KHz (21.190~21.210をクリーンに)
28.200MHz±10KHz (28.190~28.210をクリーンに)
50.100MHz、51.000MHz、51.500MHz
144.100MHz、145.000MHz、145.500MHz
430.100MHz、433.000MHz、433.500MHz

非常通信周波数の近くでは、非常通信に混信を与え運用を困難にします。
指定の非常通信周波数付近は常にクリーンにすることにご協力下さい。
また、不要不急のQSOは控え、電力及び電波資源の解放を考慮しましょう。
------------------------------------------

| | コメント (0)

電波時計が電波を受信できませんね

目覚まし時計の"電波受信マーク"が消えていました。
03_13

"もしや, 送信所は福島県の方じゃなかったかな?"と思って,電波時計のHPを探したら, やはりそうでした。

福島県田村市に送信所があるようで, 現在, 停波してます。

[日本標準時(JST)プロジェクトのサイト]

| | コメント (0)

アマチュア無線で"非常通信"をやっています

"東北地方太平洋沖地震"で電話(有線, 携帯も..)が使えなかったり,道が寸断されて孤立していたり,大変な状況になっておりますが, 日本アマチュア無線連盟(JARL)がJA7RL/7他, JA0RL, JA1RLを中心に被災地の情報収集を行っています。

"非常通信"をやっている周波数は, 普段だとRTTYが出ていたり, "道の駅"などの移動サービス局が出ていることが多い境目付近ですが, "非常通信"が始まってから付近の周波数を空けるようになりました。 偶に, 邪魔する厄介者がいたりしますが...

"非常通信"を初めて聴きましたが, とても生々しく, はやく被災地が回復される事を祈るばかりす。

| | コメント (0)

職場のビルでも揺れました

"東北地方太平洋沖地震"と命名されたようですが, ここ中部地方でも揺れました。

職場に居ましたが, 席のある建物は, 敷地内にあるビルの中でも, 強固なビルなのですが, ゆっくりとした"ゆさっ, ゆさっ"と長い時間揺れました。

職場に居た社員は,ただ"おぉ,地震だ!"と慌てるだけ...
しばらくしてから, 職場の放送で, "... 保安に接地してある地震計では 震度 3です..."と,放送をしている人も, しどろもどろでした。


震源域から距離にして,600-700kmあると思いますが, 発生時刻から3,4分後に揺れました。

状況が判るにつれ, とても広範囲に被害が出てしまったようで, 今もTVのニュースに釘付けです。

| | コメント (0)

上級アマの"電気通信術"対策ですが

先週末, 住んでいる地域のJARL支部開催で"電信と無線工学勉強会"がありました。
私は偶々,電信の方にお手伝いで伺ったのですが, 別室の無線工学勉強会には, 沢山参加されておりました。

これから受験される方で, 特に"電気通信術"を受験しなければならない方もいらっしゃると思います。
昨年末に, 総務省より"廃止案"浮上したので, H23年はもう無いのかと思いましたが, どうやら今のところ実施されるようですね。

私は,H22年12月の国家試験で"電気通信術"を受験しましたが, これに関する試験対策の情報は書籍のようにまとめられたモノはないので, ネット検索でかき集め,自分で工夫をしました。その内容を記しますので,参考になれば幸いです。

(1) モールス符号を音で覚える。
  中々,難しいですが諦めない。語呂合わせなら"新合調法"がお奨めです。
  "新合調法"はA1クラブのHPにあります。こちら *pdfで開きます

(2) 聴いて書く。
  聴くだけではダメです。CWのスピードは遅くしていいので,書くトレーニングをしましょう。
  再生用にお奨めなフリーソフトウェアは,"A1A Breaker"です。Vecterに最新版があります。
  国家試験だけの対策なら, 記号と数字は出題された事がないようですので, とりあえず欧文だけでOKです。

(3) 過去の問題をやってみる。
  ネット検索してたら見つけました。こちら ここから"A1A Breaker"で再生できるようにテキストにしたファイル集はこちらにまとめました。ファイル集をダウンロード

  このテキストを"A1A Breaker"で再生し,書き取ってみましょう。
  速度は試験と同じ25文字/分, 試験で使われる音の周波数は650Hz程度と言われていますので,それぐらいで模擬してみましょう。
  聴く速度に慣れたら, 書くスピードを上げる為に,速度を,30や40に上げてやってみると良いと思います。
  ヘッドホンなどを使わずに, スピーカー音で周囲の音と一緒に聴いて, 書き取れるようにしましょう。

(4) 解答用紙の書き方も知っておく。
  当日,会場で説明を聞いても焦るばかりです。"KCWA京都CW愛好会"のHPにKCWAで開催している上級アマ受験の講習会資料に,受信用紙の書き方が書いてありますので,そちらをご覧ください。
受信用紙のサンプルはこのファイルです。受信用紙をダウンロード
*私が受験した時の用紙とは多少フォームが違いましたが,白紙に書くよりはマシです。

(5) 試験の緊張感を体感する。
  実際の会場では, 大勢の受験生と一緒に受験しますので, 周囲の鉛筆の音や"あっ"とか声が聞こえるかもしれません。
  ちょっとした雑音で聴き落としても合格点が取れるように, TVの音を点けたままやってみるとか, 家族が騒いでいる中でやってみるとか, どんな状況でも焦らずに聴き取れる度胸をつけましょう。

(6) 不合格にならないコツ
  合格点は, 90点となっているようですが, 試験文字数は 50文字なので 1文字 2点...と思いがちです。
  誤記は,3点減点, 未記入の文字は, 1点減点です。 すなわち誤記は命取りです。
  "あれっ?"と思った符合は書かずに直ぐに諦め, 次の文字に集中すべきです。
  出題される文章は, 欧文の普通文ですが, 英語だからと思って,符号を聴きながら推測したりしない方がいいです。
  推測しようとすると聴き取れなくなり,かえって点数を悪くします。

ご健闘をお祈りします。

[上級アマ受験について書いた過去の記事]
-2011年 1月11日;"第一級アマチュア無線技士(1アマ)の国家試験"の合格通知
-2010年12月14日;先日の"第一級アマチュア無線技士(1アマ)"を自己採点してみた... "合格", 間違いなし!
-2010年12月11日;受けてきました「第一級アマチュア無線技士(1アマ)の国家試験」
-2010年12月 3日;"1アマ(第一級アマチュア無線技士)"の試験まで, 後 1週間...
-2011年 12月10日;いよいよ明日は, 第一級アマチュア無線技士(1アマ)の国家試験
-2010年12月 1日;上級アマの "電気通信術(モールス電信)"試験廃止案が出ている
-2010年11月30日;"電気通信術"の模擬試験をやってみると...
-2010年11月12日;後, 一月で第一級アマチュア無線技士(1アマ)の国家試験

| | コメント (0)

確定申告の時期ですが

昨晩, ようやく確定申告を済ませました。
ずっと"e-Tax"を使ってやっているので,昨年のデータから申告データを作ったりできるから時間が掛からないので簡単です。

申告しなきゃいけない収支なんて判っているし,その気になれば 1時間ぐらいで済みます。
とはいえ, 毎年"e-Tax"は改善されていて,その都度,各表示画面が変わったり, 年に一度のことだから, 手順を思い出すのに時間が掛かります。

毎年, 使いやすくなってますが, 今年は今まで別々に記入して作成していた"決算書"のデータと"所得申告"のデータが一つになっていて,それと知らずに別々に昨年のデータから作り始めて,最後の電子申請の時点で"決算書"のデータを添付できないことに気付き, 最初からやり直すはめになってしまいました。

思い返せば,確定申告をしなければいけなくなった最初は大変でした。全く要領が判りませんでしたからね...
最初は, 書き方の判る本を買い,ショッピングセンターの駐車場に臨時に開設してあった窓口に行って書類をもらい,書き方を訊いたりしながら提出しました。
あの時は,会社を休んで, しかも朝から行列に並んで, とても大変でした。

そこで翌年は, パソコンでできないかと,国税局のHPを利用して作成しました。
自分の自由な時間にデータをつくれるので,すごく簡単になりました。 また電子申告ではなかったので, 印刷して所管の国税局へ郵送してましたけど...

それから電子申告をしようと, "電子証明書"を役所で発行してもらいました。
これは,PCの設定に手こずった記憶があります。 もう一回設定とか最初からやらなきゃいけない....となったら,無理かも知れません。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »