« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

夏の空

台風 5号の影響で, 南風が強い日曜日になりました。

天気が変わりやすく, 低い雲が速いスピードで流れていて, 太陽に白く輝く雲は"夏"を感じさせていました。

06_26


| | コメント (0)

暑い週末になりました。

朝から部屋の温度が高く, うんざり....

家に居ると"エアコン"を点けたくなるので, 外の方がましかと近くの公園へ行ってみました。

日差しが強く,汗が流れましたが, 木陰は未だましでした。

池のカモも木陰で休んでいました。
06_25

| | コメント (0)

昨晩は"熱帯夜"でした

寝苦しかったです。

観測上, 一番, 早い"熱帯夜"だったそうです。

節電が厳しい夏になりそうです....

| | コメント (0)

"ツール・ド・美ヶ原自転車レース大会 2011"の結果が発表されていました

最近は,何処の大会でも結果の発表が早くなりました。

●成績表はこちら

チャンピオンの1位は,1時間ぴったしだったんですね~。早いなぁ...
完走した選手は, 1,722名だったようです。

★私の今までの参戦記録はこちら

また来年も頑張ろう!

| | コメント (2)

"ツール・ド・美ヶ原自転車レース大会 2011"に行ってきましたが,駐車場に悩まされる大会になりました。

2000年に"参加者 2,000人"を目標に始ったこの大会, 今年で第12回になります。
●大会のHPはこちら

今回,選手たちを悩ましたのは, 駐車場ではないでしょうかね。

スタートに一番近い"野球場"は, 宿に向かう前に受付の時にも利用する選手が多いはずですが,今年は"野球の大会"と重なってしまったようで, 野球場の駐車場に入るには, かなり制限されました。
だから,受付をしようとやってきた駐車場に入れずに,周辺の道路へ路上駐車する車両が多かったですね。

郵便で送られてきた"参加証"と同封されていた"大会概要書"の"駐車場"には,「野球場駐車場は, 野球大会が開催されている為, 終了予定の13:00より駐車可能の見込み」の様な説明が記載されていたので, "受付の始る13:00以降なら問題なく入れる"と思った選手が多いはず。

私は12過ぎには到着してました。 近くの"そば屋"で昼食をとり, まだ受付まで時間があるなぁと野球場駐車場の様子を伺いながら,"ホットプラザ浅間"の駐車場に一旦移動しました。

それから, ちょっと時間を潰して, 雨がかなり降っている中, 歩いて受付会場へ行き,受付を済ませました。
それから,野球場駐車場の様子をみに行ってみたら, 係員が誘導を始めていたので, 今の時間なら入れるなぁと思って,"ホットプラザ浅間"に戻って車を野球場へ移動させました。

運よく駐車場入り口の係員が居なかったので, "すすっ"と入れました。
それも入門して直ぐ左方向に回って, 野球場の東側の毎年停めている辺りに停めました。...実は後で,"ココは野球関係者用でまずい!"と気が付き,夕方17:00頃に西側に移動しました。

中でも"車中泊"の選手たちが, かなり困っていらっしゃったようです。
日曜の朝, 宿から自分の車に戻って, 両サイドの昨日停まっていなかった車両の選手に, "どうやって駐車場に入りましたぁ?"と訊いてみました。

右隣の選手は, "昨日, 野球場に入れなかったので,本郷小学校で車中泊してました。今朝 5時ごろ,野球場に移動してみたら, 係員が誘導していて,入ることができました。でも,直ぐに満車になったのか,閉めてしまいましたね。"

左隣の選手は,"土曜に着いたら入れなかったので, コンビニの駐車場にしばらくいました。 夕方 6時ごろに駐車場の西側の出口の係員がいなくなったので,出口から入りましたよ。出口は扉もチェーンも特になかったので..."

さてさて,大会の方ですが....
梅雨時期にも関わらず,"雨天中止"は2008年だけですね。 とは言え, 雨天だった年もあります。
今年は,受付の土曜日が雨でした。 大会当日の日曜日は, ガスの掛かった曇り... 朝の気温16度。
湿度が高く,噴出す汗が冷たくカラダを冷やしました。

路面は乾きかけていましたが, 木々の生い茂っているような場所は, 路面に落ちた木々の芽や葉で滑りやすくなってました。 下山時には"落車"していましたね。

結果の方は, "今ひとつ"...
3分の1程走った辺りから, 腰というか背筋が痛くなり始め, ギヤを掛けられずスピードアップできなくなりました。
とは言っても, 最後まで精一杯走れたので, 楽しかったですよ。

[参加賞はマフラータオル]
06_19

| | コメント (0)

"第22回つがいけサイクルクラシック"のリザルトが発表されていました

今日はカラダが痛いです....
腰と首から肩にかけてが痛いです。

●リザルトはこちら

速い人は,50分ぐらいでゴールしてますね。 どうしたら,そんなに速く走れるんだろうか....

★私の今までの参戦記録はこちら
また,頑張ろうと気持ちが高まります!

| | コメント (0)

"第22回つがいけサイクルクラシック2011"に行ってきました

週間天気予報は余り良くなかったのに, 直前の天気予報では"曇り"になりました。
お陰で"やる気喪失"することなく, 現地入りできました。
[R148の栂池高原入り口]
06_12_01

到着して早速, 大会本部で受付を済ませました。 今年の参加賞は, "タオル", "雪どけサイダー", "ボールペン","牛乳"でした。
[牛乳はお腹の中です]
06_12_03

大会の朝は時折, 晴れ間もみえ, 暑くもなく寒くもなく, 大会には申し分のない天気になりました。
06_12_02

タイムの方は, "ベストタイム"というわけにはいきませんでしたが, 気持ちよくFinish!
最後まで, リズミカルにペダルを回せました。 特に, カラダの軸がぶれないように意識してペダリングできたのが良かったです。

栂池高原観光協会さんの歓迎には, 本当にいつも感謝です。
終了後の"おむすび","豚汁"のサービス, それから"温泉"の無料招待券! とても気持ちよく参加できます!
●栂池高原の"つがいけサイクルクラシック"のブログ

お土産に"リンゴ100%ジュース","地ビール", "ジャム"を買って帰りました~。
06_12_04

今日はビールで乾杯です!

| | コメント (0)

今年(2011)も"全日本マウンテンサイクリングin乗鞍"に当選しましたが,宿探しが大変です。

●"2011年 第27回 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍"の宿泊でお困りの方で,相部屋でよければ二人まで募集します!⇒こちら

ヒルクライム大会の中では, 参加者の多い方の大会です。

確か 第20回大会頃は"3,500人"でした。
昨年の第25回大会は"4,400人"でしたよ。

因みに, Mt.富士ヒルクライムは,5,500名でした(^^ゞ

大会に出場するのに抽選方式になってから数年が経ちます。
一昨年に落選たことがありますが, 何とか当選を続けています。

知人の中には"2年連続落選"したりしてますので, 落選する人も多いようです。

なぜ"抽選をしているのか"ですが,人気のある大会で参加者全てを走らせるには, " コース,ゴールが狭い"のが一番の理由のようです。 後,入山規制もあるようです。

"抽選"の前は, "申し込み順"でした。 しかも現金書留で...5月1日以降の消印有効...だったかなぁ。

この大会でもっとも大変なのが"宿の確保"です。
なぜ"宿の確保が大変か"というと, スタート当日は受付をやっていないので,前日の土曜日しか受付できない...つまり会場近辺に宿泊前提のスケジュールになっています。

スタートも早いですよ, 7:00にチャンピオンクラスがスターとします。

"オートキャンプで"って思うかもしれませんが,キャンプ場以外の場所では, キャンプ禁止です。

そもそもここ地で長い間,自転車の大会をやってきたのも,夏場の収益の為に宿泊してもらって観光協会が中心に取り組んできたからですから... 納得です。

だからというか数年前までは, 申し込み書には"宿泊先"を記入する欄がありました。 つまり宿を予約済みの選手を優先していたようです。

宿泊する場所は,人気,不人気があるんですよね...
スタート地点の"鈴蘭"エリアは, 常連のチーム,家族,選手たちが,当落に関係なく予約したままなので,常に "空き無し"です。

10数年前, 初めて参加したときは, 観光協会に教えてもらった"相部屋"スタイルの宿でしたが, そこはスタート地点よりかなり下の方にあり, スタート地点へ自転車で移動するには, とてもきつい坂を上らなければなりません。 "ウォーミングアップ"になるとはいえ,かなりきつい坂です。

「それじゃ下の方の宿から,クルマで早めに移動してくれば...」と考えるところですが, スタート地点近くの駐車場は,夜が明けるまでには満車になってしまいます。 駐車場が満車になると,道端に停めるしかなくなりますが, ここ数年, これらのクルマが多くひどい状態です。

前日の土曜日しか参加受付をしていないので,夜に自宅を出発してやってくる選手は居ないはずなんですが, 乗鞍高原付近で宿泊できなくて松本市街地近辺で宿泊するしかない選手たちが多く, 暗いうちからやってくると聞いています。

なぜ乗鞍高原付近で宿泊できなくなっているかというと, "抽選で落選しても宿の予約をずっと続けたい選手が来ている"状況が目立ちます。
それと宿が減っているのも事実です。 閉まってしまった宿が目立ちます。

そういう私も, 初参加の翌年からの参加から, スタートに近い"鈴蘭"エリアの大部屋(相部屋スタイル)の宿をずっと予約させてもらってましたが,昨年の春に閉館されました。

"スキー客の減少","クルマで通過する滞在しないスタイルの増加"などで,お客さんが減少し経営できなくなったのだと思いますが,とても残念な状況になっています。

定宿が閉館になった事を, その宿で一緒だった方から教えてもらって知りました。
知った時には唖然として宿泊先を探しまくりましたよ。 中々見つからず, 結局, "とりあえずうちにお越しください。狭くておもてなしできないかと思いますが..."と言ってくださった宿に入ることができました。

今年はどうしようかと,まずは観光協会に問い合わせましたが, 不人気な下の方しか空いていないようです。
06_01

こういう状況なら, 去年お世話になった宿に泊まれそうか相談してみようとTELをしました。
そしたら,"去年と同じ対応でよければ, とりあえずお名前頂いておきます。"と,何とかなりそうな状況になりました。

宿泊ができないとか路上駐車がひどい状況が目立つようだと, 先々,「参加者枠を減らす! 」て,なるかも知れませんね。
例えば,浅間温泉協会主催の"ツール・ド・美ヶ原"の規模なら約2,000人ですから, 半分ぐらいになりますかね...

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »