« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

今年の夏も終盤です

通勤途中に梨畑を見ると,「梨が大きくなっている...」
田んぼを見ると,「稲刈りやっている...」
08_30_01

暦を見ると,「8月も終り, 夏休みも終りか...」
"マウンテンサイクリングin乗鞍"が終ると, 「今年の夏も終りだなぁ...」と考え始めます。

今年は"完全燃焼"できなかった"乗鞍"だったので, 「来年に向けて,もう一度基礎からカラダ作りをしよう!」と,対策を考えておりました。

その一つが,トレーニングに使っている"固定ローラー"。
愛用の"Hyper Mag"も長いこと使用しております。 HPで最新のモデルをチェックしたら, "Twin Mag"になっていて, ヒルクライムみたいな高付加も対応しているとか...

| | コメント (0)

"2011年 第26回 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍"のリザルト(成績表)が発表されていました

●リザルト(成績表)が掲載されていました⇒ こちら

成績表をみると, "ビギナー, ジュニア"を除く完走者数は, 3,659人だったようです。
DNF(途中棄権)も目立ちます。DNS(不参加)も意外に多い気がします。


○第28回(2013)の結果はこちら
○第27回(2012)の結果はこちら
○第25回(2010)の結果はこちら
○第24回(2009)の結果はこちら

今年は,前日と明け方に雨が降り,ちょっと天気が心配でしたが,選手集合の頃には晴れ間がのぞくほどいい天気になりました。
[スタート地点の荷物預かり]
08_28_01

コース途中, ガスの掛かる事もありましたが, 標高 2,729mのゴール後もいい天気でした。
08_28_02

今年の自分の結果ですが, 今までで一番遅かったです。
中間地点までのタイムは,いつもとそんなに変わりませんでしたが, その時点で疲労感があって,中間点までが遠かった感じがありました。

残り 5km付近からは,更にペダルが廻らず, ギヤを掛けても, 腰(背筋)が痛くて思うようにカラダが動きませんでした。

これを反省に, また来年がんばろう!

PS;
いつの間にか, コースのプロフィールが変わってましたね。
現在 ← 以前
- 距離 ;20.5km ← 22km
- 高低差 ;1,380m ←1,260m
- 平均勾配;6.15% ← 6.3%
- 最大勾配;15% ←13.9%

距離は,自転車のメータ計測とほぼ一緒でした。

| | コメント (0)

レース前にパンク発覚です

自転車じゃなくて、クルマのパンク...

レース前にパンク発覚です

レースが終わってから、一仕事しなきゃ。

| | コメント (0)

"乗鞍"の宿に着きました

"乗鞍"の宿に着きました

渋滞もなく予定通りに着きました。
涼しいです。エアコンは要りませんね。

途中は晴れてましたが、乗鞍高原に上がってきたら雨でした。

参加の受付を済ませようと、傘をさして会場に行きましたよ... 受付を済ませる頃に、晴れ間が出てきました。

明日の天気予報は、"弱雨"なんですよね〜

宿に戻って、とにかく自転車の準備を済ませました。

それから、温泉へ!
ちょうど先に入っていた方々が出るところで、貸し切り状態でした〜。 乗鞍は、硫黄の匂いがする白濁したお湯です。

部屋は、去年と同じ部屋を用意してくださいました。八畳です。テレビがない... 去年は置いてあったんですがね。

今日はゆっくり休んで、明日に備えま〜す。

| | コメント (0)

"2011年 第26回 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍"の宿ですが,相部屋でよければ...

去年,飛び込みで宿泊させてもらえた旅館さんなのですが, 今年も一部屋, 確保できました。

スタートに近い"鈴蘭"エリアです。"相部屋"でよければ, どうですか?

旅館さんからも"後 2人ほど一緒に泊まれますよ。"と連絡いただいております。

宿泊先をお探しで困っていらっしゃる選手がいらっしゃいましたら,コメントに書き込みください。
こちらから,折り返し旅館の連絡先をお教えしますので, 旅館さんへ連絡してみてください。

旅館さんの都合もあると思いますので, 締め切りは今日の(2011年 8月 26日) 20時ごろまでにさせてもらいます。

| | コメント (0)

レース前のトレーニングでしたが

今週末はいよいよ,"2011年 第26回 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍"です。
"軽めで気楽に乗っておこう..."と乗ってみましたが,ペダルの感触が"重い!"

少々,疲れがカラダに残っているんでしょうね....
昼間は涼しかったですけれど, 昼寝が気持ちよく,かなり寝ちゃいました。

08_25

とにかく"楽しくレースに参加できればいいや!"と思っています。

| | コメント (0)

生き残ってましたよ

まさかでした。

BCの中を洗おうと, インフレーター・ホースから水をいれ,左右に振り, 上下をひっくり返し...なんてやっていたら, 足元に何かが落ちたような気がしたなぁと, 足元を見ると"フナムシ"です。 しかも"生きてます"。

08_22

カメラで撮っている間に, 奥の方へ逃げてしまって.... 何処かへ....


| | コメント (0)

弓ヶ浜の民宿の女将さんが迎に来てくれた時のエピソード

下田駅から弓ヶ浜までは,"東海バス"の石廊崎行きに乗車すれば,20分ほどで行くことができます。
しかしバスの本数が,1時間に1本程度なんです。しかも,最終は, 18時台でお終い。

なので"隊長"に,「熱海から16時台の電車に乗らないとバスがないね?」と訊いたら,「熱海から電車に乗車する前に"今から乗ります"と女将さんへ電話すれば,迎に来てくれますよ」と教えてもらってました。

●電話でお迎えの連絡をしたら....
教えてもらったとおり, 熱海駅から乗車前に民宿へ電話を入れると,女将さんが電話に出られて...
私 ;「熱海駅です。今から電車に乗りますので...」
女将;「下田には,何時に到着ですかぁ?」
"時刻表見ないと,到着時刻なんて分かんない"...出てくる前に印刷していた"伊豆急の時刻表"を思い出し,鞄から引っ張り出して
私 ;「ちょっと待ってください。20:24です」
女将;「20:24ね。え~っと"目印"は? 服装とか持っているモノとか?
自分の着ているものとか見て確認しながら...
私 ;「"目印"ですかぁ?紺色のポロシャツで, 膝下までの黒色のパンツかなぁ...後,荷物を背負ってます。」
女将;「分かりました。私は"エプロン姿"です。それでは20:24に下田駅に行きますね~」

この話を次の日,"雲見"へダイビングへ向かう車中で皆さんにお話したら,
"隊長";「"出会い系"か何かの待ちあわせみたいな会話ですね~。それで"エプロン姿"だったんですかぁ?」

その通り, 見間違えようもない"エプロン姿"でした。

●お迎えのクルマは....
民宿のお迎えなので, 民宿の名前が横に書いてあるような"ワンボックス"を想像してましたが, 女将さんが「こちらです。どうぞ」と案内された駐車場に待っていたクルマは"クラウン"!

女将さんに後席を開けていただき,"ありがとうございます"と乗り込む...

1995年頃の"クラウン"だったのですが, さすがに"いつかはクラウン",静かです。メータは懐かしの"デジタルメータ"です。しかも,"ハードトップ"(ドアガラスにサッシュのないタイプ)!

この話もダイビングへ向かう車中で皆さんにお話したら,
"隊長";「女将さん,"クラウン"なんだ。"デジタルメータ"ってありましたね。"ハードトップ"なんてのも最近聞かないですね。」

バブルも終わり頃のクルマが懐かしい時代になりました。

●民宿に到着すると...
下田駅から弓ヶ浜の民宿までは, 約20分程かかったでしょうか, 海岸近くの民宿の立ち並ぶ狭い路地を入っていくと,それらしき民宿の入り口付近で減速....

停車するちょっと前ぐらいで,"ポーン 目的地周辺です"とナビの音声が... 間髪いれずに女将さんが,「はい 到着しました。」

お客さんへのサービスに, ナビ設定しているの? まさかね。

| | コメント (0)

ダイビングから帰宅すると,これに骨が折れます

私は帰宅したら必ず, 入浴後,に残り湯を使って機材の潮抜きをします。 浴槽に一晩漬けておきます。
翌日の早朝, 浴槽の水を抜き, 浴室に機材を掛けて水を切ります。
08_20

会社から帰宅後に, 改めて乾燥させるために, バルコニーに出したりします。
ですが....今日は雨で, 部屋のあちらこちらで干すことになってしまいました。

今回, "げっ!"と驚いたのは, 浴槽の底に変わり果てた哀れな"フナムシ"を 2固体, 発見しました。
"雲見"のダイビング後, 機材を干しておいた場所に, "フナムシ"が沢山いたのですが, 機材にまぎれてしまったようです。

私, 足が沢山ある生物は苦手でして.... 機材の何処かに,未だ残っていないことを祈るばかりです。

| | コメント (0)

2日目のダイビングは,目的地変更!

1日目, 大瀬崎で潜り, 熱海で降ろしてもらい, 伊豆急で向かった先は, 終点の下田駅でした。
下田駅に宿泊先の女将さんにクルマで迎に来てもらい, 南伊豆町弓ヶ浜へ。

東京へ戻った"隊長"は, 2日目のお客様 3名連れて, 深夜, 宿に到着という荒業!
寝ていたので,到着には気付かず...しかし,同室で寝られたお客様のいびきがすごいのなんのって....起きちゃいました。

さて2日目のお目当ては何かと言うと...
"神子元でハンマーヘッドシャークを見よう!"だったのですが, この時期, 神子元にはハンマーが群れを成しているそうで,それがお目当て。

神子元は南伊豆の沖合い 約9kmに浮かぶ灯台のある無人島。
ココで潜るには,南伊豆からボートを走らせる"ボートダイビング"になります。
なので海況によっては行けなかったり, 行ってみたとしても戻る可能性もあるダイビングです。
Map_3

その海況なんですが,前線が南下中で,南よりの風が強く波高も高い状態で,18(木)の日はクローズだったようです。
19(金)は,「出向できるし島の風下側(伊豆半島側)なら,ダイビング可能だけれど,ハンマーの居る南側は,行って見ないと入れるか不明」という状況だったのですが, 結局, "ハンマーが見れない可能性が高いのなら..."と目的地を変更する事に!

「じゃ~何処で潜りましょうか?」と"隊長"の提案は,「南伊豆に居るので,南部のポイントで海況が良さそうな"雲見"はどうでしょう?」
という事で, "雲見"でダイビングする事にしました。

●利用したダイビング施設はこちら

"雲見"は,目の前に見える"牛着岩"(小牛, 大牛)を中心に, 内側と外洋側を潜ったりと, いろんなパターンが楽しめるユニークなポイントに思えました。

[利用したダイビング施設のポイント図]
Diving_map

写真をあまり撮っていないのが残念なんですが...
日差しがなかったのでかなり暗く,被写体が流れてしまっています。

[オルトマンワラエビ]
08_19_01

[洞窟の出口]
08_19_02

ダイビング後は,近くの食堂で昼食。 みさなん"刺身定食"を注文したのですが, これまたボリュームがあり, とてもおしかったです。

道中, 遠かったですが, とても楽しい 1泊 2日の伊豆ダイビングとなりました。

| | コメント (0)

1泊 2日で潜ってきました

"潜りに行きませんかぁ?"と東京に戻ってダイビングのお仕事を始められた石垣のサービスで長い間お世話になったスタッフさん(以下, "隊長"と称します)に誘われまして, 伊豆へ1泊2日で行ってきました。

まず初日, 8:30頃に三島駅で拾ってもらい大瀬崎でダイビング。
Map_4

他のお客様は, 誘ってくださった"隊長"が勤めていた石垣のサービスのお客様がお二人!

お一人は,私がOWの講習を受けていた時からの,本当に最初に知り合いになった方!
もう一人はそして,去年講習を受けてダイバーになられた方...初めて遭いましたけれども, 簡単に言ってしまえば同じ講習を受けた"後輩"。
何かしら,"ご縁"を感じます。 そんな訳で, クルマに同乗し移動してからは,直ぐに打ち解けて大盛り上がり!

初めて伊豆のダイビングだったんですが, 三島付近の道の混み具合や海岸線沿いの道の狭さには驚きました。

●利用したダイビング施設はこちら

さて海況はというと...
時折曇りはしましたが日差しがあり,前線の南下に伴い南よりの風が強く,大瀬崎の湾内は水面がシャパシャパしてました。
風や流れで入れそうなポイントは湾内の第1と第2, 第3漁礁に限られましたが,そんなに悪くありませんでした。

[機材の準備中]
08_18_01

透明度はそんなに良くはなく...と言っても,初の伊豆なので「これぐらいが伊豆の相場です」と怒られそうですが, 浮遊物が多いんですかね, 5 - 8mぐらい。
08_18_03


水温は, 表層は約28℃あるんですが, 水深 15m付近に境目(サーモクライン)があって, そこから下は22℃ぐらいになります。
なので,ウェットスーツは"5mm"じゃ寒く,"ロクハン(6.5mm)"じゃないと,ちょっと辛い。

意外にカラフルな生物が多いなぁ~という印象でした。
08_18_02

08_18_04

08_18_05


今日,ご一緒したお客様は日帰りだったので, ダイビング終了後, 東京方面へ移動開始。
私は熱海で降ろしてもらい, 明日のダイビングの目的地へ"伊豆急"で下田へと移動となりました。

(次の日へ続く)

| | コメント (0)

Uターンですが

空港は,多くの人で混雑してました。
おまけに節電なのか,空調が余り効いておらず, 蒸し暑い...
08_16

到着地はもっと暑いと思うと, 気の重いUターンです。

| | コメント (0)

今日は雨のお陰で過ごしやすい気温でした

雨音で, TVの音も聞こえなくなるくらい激しい雨が降ったりやんだりの一日にでした。
08_14

日中, 気温は30℃まで上がらず, 過ごしやすかったです。

| | コメント (0)

実家に帰省です

お盆を故郷で過ごします。

飛行機で帰省しますが, "ドル安"なので空港の両替所で$に両替しました。
$20を約¥1,6000ぐらいでした。
08_12

| | コメント (0)

立秋を過ぎました

連日, 暑い日が続いています。

田んぼに目をやると, ちゃんと秋が近づいていました。
稲穂がちゃんと頭をたれています。
08_08

| | コメント (0)

大きな積乱雲

日没後, 夕日に照らされてました。
08_06

時折, 稲光がしてましたけど, 撮れませんでした。

| | コメント (0)

夏らしい空が戻ってきました

7月の後半から, 曇りがちで過ごしやすかったですが,そろそろ暑さが戻ってくるようです。
08_05


| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »