« A35YZ(Tonga)のDX Peditionも今週末まで | トップページ | CQ WW WPX SSBのコンテストでしたが... »

DXCCの申請方法から"QSLカード提出"と"LoTW申請併用"が無くなるようです

JARLメールマガジン(第150号 2012/03/21)が届きました。

メールマガジンの"INDEX"を見たら,
「★ARRLがDXCCの申請方法と申請料金を4月2日から変更すると発表」
とあったので, "なになに?"と思って,本文を確認しました。

そしたら,
-------------------------------------------------------
「オンライン申請」が新設され、申請方法が次の3種類となります。
なお、「オンライン申請」の開始時期は近日中としています。
(1) 申請書+レコードシートとQSLカードの提出によるもの
(2) LoTW(Logbook of The World)申請によるもの
(3) Online(オンライン)申請によるもの
-------------------------------------------------------
だそうです。 申請料金も変わるようです。

一番驚いたのは,
(1) 申請書+レコードシートとQSLカードの提出によるもの
(2) LoTW(Logbook of The World)申請によるもの
この二つを併用した"ハイブリッド申請"が無くなるようです。

ようやくDXCCアワードのCfm数"100"に達したので,そろそろアワード申請しようかと思ってました。
これまで,LoTWに対応していない局には,カードをDirectで請求して発行してもらっていたので,その分が20あります。
本当なら,もう少しCfm足して申請したいところですが, 後 1週間で申請方法が変わってしまいます。

思い切って,ピッタリ100で申請してみます。


▽ARRLの発表はこちら

|

« A35YZ(Tonga)のDX Peditionも今週末まで | トップページ | CQ WW WPX SSBのコンテストでしたが... »

アマチュア無線」カテゴリの記事

DXCC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A35YZ(Tonga)のDX Peditionも今週末まで | トップページ | CQ WW WPX SSBのコンテストでしたが... »