カテゴリー「伊吹山ヒルクライム」の記事

"伊吹山ドライブウェイヒルクライム"(旧伊吹山ヒルクライム)のWEBが新しくなりました

"Japan Friendship Cycleroadraceオフィシャルサイト"に統合され, シリーズ第一戦になったようです。
開催日は,4月14日。恐らく,"ツールド八ヶ岳"と重なるんじゃないでしょうか!?

●WEBはこちら

- 第二戦;比叡山(5/26)
- 第三戦;つがいけ(6/9)
- 第四戦;富士国際(6/19)
- 第五戦;岐阜乗鞍(7/7)

昨年は,"伊吹山ヒルクライム"の名称で,雑誌の"サイクルスポーツ"が主催してました。
一昨年までは,"パナソニックヒルクライムin伊吹山"の名称で,自転車の"パナソニック"が主催してました。

一昨年の第4回大会は,東北地方太平洋沖地震の対応という事で,中止になった事があります。

| | コメント (0)

"伊吹山ヒルクライム2012(旧パナソニックヒルクライムin伊吹山)"の抽選結果が届きました

抽選の結果がMailできました!  落選でした。

これで心置きなく"第26回ツール・ド・八ヶ岳"に参加できます。
"第26回ツール・ド・八ヶ岳"への参加申し込みは今日からでした。
早速, エントリーを済ませました。

---------------------------------
n.shimomura 様

今回、ご希望頂いたカテゴリー Road-▲

において抽選の結果、残念ながら落選された旨をお知らせ致します。

約4200名のご応募を頂いたため、全員参加することが出来ず、大変申し訳なく思っております。

尚、キャンセル待ちの受付を1月10日から1月27日の期間で受付いたします。
もしキャンセル待ちにエントリーされる場合は、お手数をお掛けいたしますが、WEBサイトより、再度のエントリーをお願い致します。

今後、定員枠の増大、2日間開催など努力して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★
伊吹山ヒルクライム事務局
〒541-0044
大阪市中央区伏見町2-6-6 ザ・タナベビル2F (株)アド・ビューロー内
TEL06-4707-8338/FAX06-4706-0231
E-MAIL :ibuki-hc@ibuki-hc.jp
WEB:http://www.ibuki-hc.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0)

"パナソニックヒルクライムin伊吹山"の名称が変わっていました

そろそろ"第5回パナソニックヒルクライムin伊吹山"のエントリーが始るなぁと思って, "お気に入り"に保存してある""パナソニックヒルクライムin伊吹山"をクリックしても,リンク先に見つからなくなっていました。

もしや消滅したのかぁと思って検索してましたら,「"伊吹山ヒルクライム"に名称が変わっていますよ」とブログに書かれているのを見つけました。

"伊吹山ヒルクライム"で検索して, ようやく"伊吹山ヒルクライムのHP"を発見しました。

内容を確認すると, 大会の内容は変わっていないようですが,主催が"パナソニック"⇒"Cyclesports(サイクルスポーツ)"に変わっていますね。

開催日が4月15日かぁ... ツールド八ヶ岳と重なるのかなぁ... どうしようかなぁ...

| | コメント (0)

"第4回パナソニックヒルクライムin伊吹山ドライブウェイ開催中止"の連絡がありました

先ほど, 事務局よりMailがありました。

-----------------------------------------------------
未曾有の大災害となった東北地方太平洋沖地震が発生し、
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
東北地方太平洋沖地震で被災された方々の窮状に鑑み、
4/10(日)に開催予定としておりました第4回パナソニックヒルクライム
in伊吹山ドライブウェイを開催中止とすることと致しました。
本来であれば、災害復興への応援として開催すべきところですが、
原子力発電所の事故・余震の継続発生並びに被害状況の拡大など先の
見えない状況が続くとの観点から今回は中止の決断をした次第です。
参加者の皆様には大変ご迷惑をお掛けすることとなりますが、
この状況をご理解賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
なお、頂戴しております参加料の返金等につきましては現在検討中
ですので、後日ご案内申し上げます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
パナソニックヒルクライムin伊吹山ドライブウェイ事務局
〒541-0044
大阪市中央区伏見町2-6-6 ザ・タナベビル2F (株)アド・ビューロー内
TEL06-4707-8338/FAX06-4706-0231
E-MAIL ibuki-q@ibukihc.jp
WEB:http://www.ibukihc.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

| | コメント (0)

第3回 ヒルクライムin伊吹山に行ってきた

今年もサイクルレースシーズンに突入。

今年最初のレースは、去年と同じく"ヒルクライムin伊吹山"
●大会のHPはこちら
  PS;翌日にはリザルトが掲載されていました。

家から会場まで 1時間で行けるので、移動も簡単。
家を出るときは、天気予報どおり"曇り"だったのだが、会場に近づくにつれ、雲行きが怪しくなり、ついに雨...
4_11_01

この天気のままじゃ出場するのはやめようと、スタート集合前まで現場で待機。
すると、スタート集合前 1時間前ぐらいから、雨が小降りになり、西の空がだいぶ明るくなったので、"よし!準備して走るぞ~!"と、準備開始。 他の選手たちも同じように考えていたのか、皆、車から自転車を出して、準備開始していた。

レース走行中、ポツポツと小雨もあったが、大してことなく良かった。 でも、山を登るにつれ雲の中に入り、視界がすごく悪かった。 恐らく 20-30mぐらい先までしか見えていなくて、道がどっちに行っているのかさっぱり判らなかった。

そんなこんなで、レースも終了し下山すると、こんなに天気が良くなっていた。
4_11_02

レースはしんどいけど、やっぱり自転車に乗るって楽しい!

| | コメント (0)

ツール・ド・八ヶ岳のビデオ編集終了

やっと編集終了!
自転車に取り付けたビデオカメラ"ATC-2K"からの映像です。

| | コメント (3)

ヒルクライムin伊吹山のビデオ編集終了

やっと編集終了!
自転車に取り付けたビデオカメラ"ATC-2K"からの映像です。


| | コメント (0)

"ヒルクライム in 伊吹山"に参加してきた

いやぁ~疲れた。
ゴール地点からの眺める"琵琶湖の北部"はちょっと霞んでいたけれども、天気に恵まれいいレース日和となった。
4_5_01

昨年から開催されるようになったこのレース。 場所は岐阜県と滋賀県に跨る"伊吹山"。集合場所の関ヶ原町の役場も、名神 関ヶ原ICの直ぐ近く。
そのような場所柄、参加者が多く、昨年はHPで案内を見た時には既に申し込みが締め切られていて、参加できなたかった。 なので今年は、開催が発表されたら直ぐに申し込んだ。
4_5_02 4_5_03

さて、今年エントリーした最初のヒルクライムレース。
17kmで1,075mを登る平均勾配 6.3%のコース。 ところどころ平坦や短い下りもあったり最大10%の坂もあるが、そんなに厳しいヒルクライムではない。
日頃、ローラーで体を慣らしてきたとは言え、本格的なコースを走ったのは久しぶり。 勾配がきつい所では、脚が回らなかった。 残り 1/3過ぎた辺りからは、やや強い風が冷たくペースダウン...

自分の時計で 1時間 7分ぐらいだったのだが、"まずまず"といった結果だった。
次は、2週間後のツール・ド・八ヶ岳! ストレッチや筋トレなど、疲れにくいカラダ作りもしながら、トレーニングを続けようと思う。
4_5_04

オフィシャルのリザルトはこちら

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

BCL | CB無線・フリーライセンスラジオ | DXCC | Mt.富士 | あいの土山マラソン | あざいお市マラソン | いびがわマラソン | おおがきハーフマラソン | ぎふ清流ハーフマラソン | つがいけサイクル | アウトドア | アフェリエイト | アマチュア無線 | ウェブログ・ココログ関連 | エクササイズ | カメラ | クルマ | グルメ・クッキング | コーヒー | サーフィン | シーカヤック | ジョギング | スポーツ | ダイビング | ツール・ド・八ヶ岳 | ツール・ド・美ヶ原 | トレーニング | ニュース | パソコン・インターネット | ヒルクライムin伊吹山 | ビジネス | ビール | ファッション・アクセサリ | ペンション | マウンテンサイクリングin乗鞍 | マラソン | ラジオ | ワイン | 一色マラソン | 下駄骨折 | 与那国 | 伊吹山ヒルクライム | 住まい・インテリア | 健康 | 写真撮影 | 園芸 | 天体観測 | 宮古島 | 岐阜基地 航空祭 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 携帯電話 | 文化・芸術 | 旅行 | 旅行・地域 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史 | 泡盛 | 焼酎 | 熊野古道 | 犬山ハーフマラソン | 登山 | 石垣 | 経済・政治・国際 | 自然 | 自転車 | 英会話 | 袋井クラウンメロンマラソン | 金融 | 鈴鹿シティマラソン | 鉄欠乏性貧血 | 陶芸 | 霧島連山 | 音楽