カテゴリー「ぎふ清流ハーフマラソン」の記事

"第2回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン", いい大会でした

天候にも恵まれ, 楽しく走れました。

この大会ですが, 前日受付なので家から2往復してもよかったんですが, 朝, 時間に余裕がある方が楽なので,"宿泊プラン"でエントリーしました。
"食事なし"のホテルしか空いていなかったので, 夕食,朝食とも自分で手配したんですが, 駅前のホテルだったので,夕食は何も困ることはありませんでした。
朝食は,お弁当屋さんのお弁当を夕食の後に買っておきました。
05_20_02

会場へは"シャトルバスが", 名鉄側とJR側の2箇所から出ていましたが, JR側の方が混んでました。
05_20_03

大会会場は,選手に応援者,それから関係者ですごい賑わいでした。
05_20_04

ココから写真がありませんが...
荷物を預ける事もできたんですが, スタートの集合場所からかなり遠かったので, 競技場の外周で他の選手たちと同じように場所をとって置きました。

招待選手は男女とも有名な選手が多く,練習用のグランドをウォーミングアップしているのを, スタートの集合を兼ねてみんな見学してました。

コースの沿道には,沢山の応援があってすごく盛り上がった大会でした。
それから,主催者の給水箇所が沢山用意してあって, 安心して走れました。
おまけに,沿道にあるホテルやいろんなボランティアで給水に軽食も用意してあって,とてもありがたかったです。

結果の方ですが,歳を重ねるごとにスピードが落ちているようで, まずまずこんなもんでしょうかね。
05_20_01

5km毎にラップを記録したんですが, ずっとコンスタントなラップを刻んでいました。
ですが, 10年ぐらい前に比べると, 10秒/km遅くなっていますね。

とにかく,気持ちよく走れたし, もう少しタイムを伸ばしたい(維持したい)と思えたので, また頑張って参加しようと思いました。

| | コメント (0)

明日のハーフマラソンには"ハート・サポート・ランナー"で参加します

いよいよ明日はハーフマラソンです。
前日のみの受付で, 受付を兼ねて"救命講習"を受講しました。

コース沿いには沢山の医療関係者が待機しているんですが, 走っている選手が一番の発見者になるので,選手が救命講習を受講し,命を繋ぐというものです。

約10,000人参加の大会なんですが, "ハート・サポート・ランナー"として参加する選手は, 約200人ぐらいだと聞きました。

さてその講習はというと...
最初は, 異常なランナーがどういう走り方になるのか説明があって, CPRの練習をしました。
05_19_01

それから,AEDの使用方法です。
05_19_02

最後は,数名のグループに分かれて, 異常者の発見からCPR, AEDの手配... 連携を通して練習しました。
そして, "ハート・サポート・ランナー"のゼッケンを受け取って終了でした。
05_19_03

ココの大会には初めて参加するんですが, こんなに沢山の景品があるとは思いませんでした。
05_19_04

さぁ明日は"ハート・サポート・ランナー"として, しっかり走ります!

| | コメント (0)

来週の"ハーフマラソン"に向けて,追い込みました

絶好の天気でした。
乾いた風が強くもなく, 日差しもそんなに強くなく, "これで走らなきゃどうする?"というぐらい,ランニング日和でした。

今日は,何が何でもいつもの練習コースで"20km"走らなきゃと, 走ってきました。

4km/周のコースなので 5周なんですが, とにかく完走したかったので, 最初はペースを抑えて...と思って走り始めました。

1周目のラップを時計で確認すると, "おっ, いつもより速い! 抑えたつもりなのに..."

2周目のラップを時計で確認すると,"1周目と変わらないなぁ...後半,大丈夫かなぁ..."

3周目のラップを時計で確認すると,"1周目,2周目と殆ど変わらないなぁ...本当に大丈夫かなぁ..."

4周目のラップを時計で確認すると,"マジで殆ど変わらないなぁ...しかし, 脹脛が痛くなってきたけど,行けるか?"

5周目は,かなり足にきたので,"もうペースキープできてないでしょう... もう十分走れたから,流していこう"と思って,最後のラップを時計で確認すると,"え? マジで殆ど変わらないなぁ"

意外に調子が良かったです。
家に帰ってからも,そんなに足にきていなくて, 殆ど普通に動けるし, 疲労感も余りなくいい感じです!

来週が楽しみ!

| | コメント (0)