カテゴリー「霧島連山」の記事

GW、帰省して"高千穂の峰"に登ってきました

GWの前半、実家に帰省しました。
04_29

天気が良かったので、故郷から見える"高千穂の峰"へ登りました。
05_01_01

登山口はいくつかありますが、実家から車で約1時間の一番ポピュラーな"高千穂河原"から登りました。
05_01_02

登り始めてしばらくは石畳が続き、木立の中を進んでいきますが、木立が切れる辺りから目の前に急登が見えてきます。
05_01_04

ガレ場で足元がとても気になります。偶に上を見上げ、ルートと前を行く登山者や下山者の直下にならないよう気を付ける必要があります。
05_01_05

ガレ場を過ぎれば、右手に"御鉢"、左手には"中岳"、"新燃岳"を見ながらなだらかな"馬の背"を登ります。
そして鞍部の"霧島神宮元宮"を」経由し、"高千穂の峰"の急登です。
05_01_06

急登を上がると、"天孫降臨"の伝説の"天の逆鉾"がある頂上です。
05_01_07

眺望は素晴らしく、霧島連山が見渡せます。
05_01_08

"高千穂河原"からのルートは"桜島"も見えますし、風光明媚でとてもお勧めです。

| | コメント (0)

GWを利用して韓国岳へ登ってきました

GWの前半, 帰省してきました。
04_27_01

実家から車で1時間ほどで, 霧島連山へ行くことができるので, 久しぶりに韓国山へ登ってきました。
現在(2015年4月), 硫黄山が立ち入り禁止のため, 大浪池経由で登りました。
04_29_01

大浪池へは小学生の遠足以来かもしれません。
大浪池の向こうに見えるのが韓国岳です。ガスが掛かって頂上が見えていません。
04_29_02

大浪池をぐるりと回って韓国岳の登山口へ到着する頃にはガスが取れて頂上が見えるようになりました。
04_29_03

大浪池から韓国岳の登山道は木の階段が続きます。結構、脚にきます。
04_29_04

大浪池の登山口から約2時間, 韓国岳頂上 1,700mへ到着です。
04_29_05

韓国岳も火山です。大きな火口が眼下に広がっています。
04_29_07

頂上から登ってきた方向を見下ろすと, 大浪池がきれいに見えました。
04_29_06

また天気がよい時に登りたいです。


| | コメント (0)