カテゴリー「自転車」の記事

Bikeシューズの踵が割れてしまいました

何年使ったかなぁ?踵のプラスチックが割れました。
07_01_01

シューズを新調しました。同じブランド"ノースウェーブ(NW)"です。
07_01_02

ところが、クリートの規格が合いません。ペダルも交換が必要でした。レース用と、トレーニング用 2台分のペダルを交換になりました。
07_01_03

トレーニング用は、安いくても十分なので"105、"レース用は"Dura-Ace"です。
07_01_04

厄介だったのは、ペダルレンチで中々緩まず、ショップへ緩めてもらいに行きました。
07_01_05

これで、新しいシューズとペダルでトレーニングできます。

| | コメント (0)

"2017年 第31回ツール・ド・八ヶ岳"で"Bontrager Aeolus XXX Tubular"を使用しました

今年(2017年)のヒルクライムに臨むにあたって、自転車の軽量化を図りました。
フレーム、コンポは替えずに、ホイールを"Bontrager Aeolus XXX Tubular"購入!結果、7.4kg ⇒ 6.7kgになりました。
04_19

普段、ローラーでトレーニングしているので、実際に走行するのは大会のみ。
"2017年 第31回ツール・ド・八ヶ岳"でその効果を体感できる機会となりました。

そもそも私の実力がそんなにあるわけではないので、個人的な感想です。
これまで使用していたホイールは、"WH-7700 carbon"で、タイヤはどちらもVittria Corsa CXす。
1) まず軽さ
・踏みは軽い。すっすっと出ていく感じ。
2) 乗り心地
・"WH-7700 carbon"より硬い感じ。路面の入力がよく解る。
3) スピードの維持
・緩い坂や平たん路では、伸びがない。軽い分、慣性力が減った。
4) ブレーキの利き
・軽いブレーキングから、しっかりブレーキングする間、リニアリティがあり、レバーを握る力に気を使う必要がなくよかった。
5) 横剛性
・下りのコーナー中、安定感あり安心して倒せる。
6) 総合的に
・きつい坂では、軽量化の恩恵で力いっぱい踏まなくてもよくなった半面、勢いをつけて登れば済むような短い坂では、減速が早いので、スピードの維持がしにくい。
・コースプロファイルによって、使い分けした方がいいのかも。

| | コメント (0)

ジャージを作りました。

自転車の雑誌で"一着からデザインジャージがオーダーできる"というのを見て、webから注文しました。
注文したのは 2月中旬で、到着は 4月の頭、約50日ぐらいでしょうか、届きました。
04_04

今年はこれ着て出場します。

○オーダーした先のHPはここ

| | コメント (0)

6.5kg台のロードバイクでヒルクライム挑戦します。

軽量化を図ってきました。
ホイールを替えて、6.7kgになりましたが、サドルとボトルケージで6.5kg台になりました。
03_12_01

まずサドル。
Selle Italiaユーザーですが、FliteからSLRに替えました。
03_12_02

280g⇒140gで、-140gです。
03_12_04

03_12_05

それからボトルケージ。
TNIの"Just 9"に替えました。
03_12_03

60g強⇒ 9g弱で、-60gです。
03_12_06

03_12_07

後はトレーニングあるのみ!

| | コメント (0)

"Bontrager Aeolus XXX Tubular"購入しました

昨年(2016年)のマウンテンサイクリングin乗鞍が終わってから、自転車を新調しようかいろいろ検討してました。
結果、ホイールだけ新調することにしました。
02_18_01

計量した結果、7.4kg ⇒ 6.7kgになりました。
後は、サドルなどちょっと見直して、6.5kgくらいまではできそうです。
02_18_02

| | コメント (0)

"BLUE HR"、たった1週間で使い物にならなくなりました

ペアリングできたかと思いきや、トレーニングでロギング始めても心拍数は表示されず、新品の電池を使用しても全くモニターできませんでした。
センサー部を振ると、内部からカサカサと何かが外れて中で転がっているような感じ...
08_06_01

ネットで他の心拍計を探して買いました。"Karadafit Heart"です。"BLUE HRの価格の半分以下でした。
08_06_02

全然問題なくペアリングでき、トレーニングでロギングできました。


| | コメント (0)

ローラー台のパワーメーター・アプリでトレーニング始めました。

第31回マウンテンサイクリングin乗鞍まで後 1ヶ月。

だいぶ前に購入した"ヒルクライムのトレーニングに関する書籍を読み直していた時に、使用しているミノウラの固定ローラ対応したパワーメーターのアプリがあったことを思い出し、使ってみようとセンサーを購入!
07_30_01

自転車にセンサーを取り付け、端末(iPod Touch 6G)にアプリをダウンロード。
データを表示させてみようとしますが、ペアリングに悪戦苦闘...
07_29


取説がついていないので、ネットで調べたりして、ようやくアプリからペアリングすることが分かり、ケイデンスとスピード(車輪速)が表示できるようになりました。でも、心拍計はペアリングできない...

まぁとりあえず、ローラー踏んでみました。
自分のパワー数値で確認できるのは、いいですね!
07_30_02

いつものトレーニングパターンをやってみましたが、回せるギヤの方が出力が高く、ギヤを上げペダルが重くなると、出力が出てないことが分かりました。終わってみるといつもより疲れました。

終わってから心拍計のペアリングをやり直してみましたが、うまくいかず.... 結局、ボタン電池の電圧が弱いようで、新品のボタン電池に替えたらペアリングできました。

これで後 1ヶ月、頑張ってみようと思います!

○ミノウラのLive TrainingのHPはこちら

| | コメント (0)

"ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会2016"の参加証が届きました

JCAがWEBでエントリーを開始してからは、各選手が参加証を印刷して受付するようになっていましたが、今年は郵送されました。
06_12

浅間温泉観光協会のパンフレットや温泉の割引券が同封されてました。
「ヒルクライム練習に....」ともっと来てほしいとの計らいと察しますが、もっと早く送っていただければいいのにと思ってはみましたが、まだエントリー期間中だと送れませんね....
ならば、有効期限を来年の大会までにしていただければ、いいのに。

| | コメント (0)

"ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会2015"はいい天気の大会になりました。

いつもお世話になっている宿の玄関前です。
いい天気になり、気持ちのよい朝です。
06_28_02

怪我のため出場しない(DNS)ので、激坂付近で応援してました。
06_28_01

チャンピオンクラスは、息を切らすことなく、力強いペダリングでした。

DNSだったけれど、いつも出場していると見ることのなかった光景も見れ、応援している人たちともお話ができて、とてもよかったです。
来年は出場できるように、カラダをつくりたいと思います。

| | コメント (0)

明日は"ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会2015"です。

昼過ぎに大会会場に到着し、早速、受付を済ませました。
06_27_02

怪我のため出場しない(DNS)ので、タグはその場で返却しました。
06_27_01

受付後、大会会場近くの蕎麦屋さんへ。
06_27_03

毎年、せいろそばを戴きます。
06_27_04

最初から出場しないと決めていたので、自転車を整備したり、スケジュールを気にしたりしなくてよかったので、気楽な前日でした。
明日は、天気もよさそうなので、応援も楽しみです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧