カテゴリー「シーカヤック」の記事

テントの中とフライの裏がベタベタに

ふと"シーカヤックで遊んでいた時に使っていたテント、どうなってるかなぁ?"と収納棚の中から引っ張り出してみたら, テントの中やフライの裏がベタベタになっていた。
8_11_01

購入したのは15年ぐらい前... ここ数年広げた記憶がない。
濡れた雑巾で拭いてもベタベタはとれず, ネットで検索してみたら, どうやら"ウレタン系の防水剤が浮いてきている"らしい。 有機剤でふき取らないととれないそうで, とったら防水処理をしなければいけないらしく, ようするに寿命がきているみたい。

捨てようかと思ったが, ベタベタしている以外は問題ないわけで, ネットに "ベビーパウダーでその場を凌ぐ"か,"シリコンスプレーを吹き付けてみる"という方法が書かれていた。
どうせダメなら安上がりな方法を試してみるかと, "ベビーパウダー"を振りかけてみた。

家にはベビーパウダーが無かったので, 近所のドラッグストアーへ買いに行ってみたら¥170ぐらいだった。
家の中で振りかけたら部屋中,粉まみれになるので, 外にテントを持ち出しベビーパウダーを振りかけてみた。

そしたら予想以上に"サラサラ"! もちろん白っぽくなってしまったが, これなら使えそう。 シュラフとかも粉がついてしまが, カラダに悪いモノでもないし, 匂いもやさしい感じになってとてもいい。
8_11_02

8_11_03

とりあえず捨てずにこのまま保管しておいて, 久しぶりに秋にでもキャンプに出かけてみるか。

| | コメント (0)

自分の旅ってどうやって始まったっけ...

 旅ってどうやって始めたか思い返してみると、旅らしい旅は社会人になってから。旅と言っても、同期の数人で長期連休中に、北海道, 九州へ車で出かけ、ぐるっと廻って帰ってくるような、ただひたすら走るような旅。 何か、その土地の風情を味わうというより、友人たちとわいわい賑やかに出かける事が楽しかったように思う。
 それから大きく旅を迎えたのは、シーカヤックだった。 近くにアウトドアショップがあって、そこに足を運ぶようになり、お客さんと友達になって、軽い気持ちで乗ったのが始まりだった。
pict08

 丁度、南アメリカの南端からアフリカ南端まで人力で旅をする"グレートジャニー"という番組が始まった頃だった。 この番組は、年に一回の放送であったが、それもそのはずで人類の起源の足跡を逆からたどっり、人類が築いてきたモノはなんだったのかを伝える壮大な番組であった。
 そういう番組に影響された事もあるが、シーカヤックで海を渡りキャンプしながら移動をすることに、明け暮れていた。 ただ、一人ではなく同士たちとであった。 西伊豆, 五ケ所湾をめぐり、知床半島に行こうとしたが、日程が合わず行く事ができなかった。
 この時学んだことは、人は自然の中では非常に無力であるということだった。 海に浮いている時、自分も自然の一部分何だと実感した。 食べるのも偶にはそこで見つけ出し、寝るにも自然の音を聴きながらだった。
pict09

 釧路川も下った。 幾千年にも繰り返し造られていく川の蛇行。 周囲に広がる湿原に、そこで生きる丹頂など貴重な動物たち。 人だけが自然の摂理に反していると実感した頃だった。
pict10

| | コメント (0) | トラックバック (0)